総合人間学科

地域社会学

tiki_p1.jpg私たちは、 ある一定の地域社会の中で、 様々な人間関係や集団をつくりながら、 一人では解決できない生活諸課題を処理・解決しながら共同生活を営んできました。
この共同生活を営むシステムや空間的広がりは、時代や社会の発展状況によって変化してきます。車や飛行機などの交通手段が発達していない時代や社会では、ほとんどの人々の生活は、農林業を軸に生まれ育った集落社会の中で完結していました。 しかし、現在の高度産業化社会の日本では、進学や就職などによって国内各地のみならず外国にも移動して暮らします。

tiki_p2.jpgまた、食べ物や衣類などの生活物資も国外にまで依存しなければ、暮らしが成り立たない状況も生まれています。暮らしの仕組みやシステムが大きく変化し、 地域社会での人々の暮らし方や考え方も大きく変わりました。 有史以来の大変動期です。
21世紀に暮らす我々は、 このような社会と暮らしの大変動期の中で、 様々な現実的課題に直面しています。 人口移動にともなう都市の過密問題と農山村の過疎問題。 グリーンツーリズムや「マチづくり」などの地域振興政策。産業化が引き起こす出生数の低下と少子化社会の問題。 家族・世帯の極小化と高齢者福祉問題。 ダム開発などの地域開発事業と自然破壊などの環境問題。 農薬汚染や添加物など「食と農」など暮らしの安全性問題。 自給率の低下や後継者不足などの農業問題と、世界一の飽食状況にある日本人の食生活の矛盾。 市町村合併にともなう地域自治のあり方と政治意識。 このほか地域社会における医療・教育・職業・余暇など、 日常の暮らしと密接の関係する問題が山積みされています。

tiki_p3.jpg地域社会学は、 暮らしや地域社会の大変動の歴史的要因や具体的課題について、 真正面から取り組む学問です。 書物から学ぶだけでなく、 フィールドに出て多くの人たちから生きた知識や経験を学び、 具体的に課題に取り組む調査法や技術を調査実習として学ぶことが出来ます。 また、 文献解読や講義だけでなく、 様々なセンサスや統計資料を読みこなす力をつけます。 さらに演習形式の授業による発表や討論によって、自分の意見や主張を論理的に組み立て、 データーに基づく説得力のある論を展開できる学力を磨きます。
地域社会学の持つ行動力と実証主義的性格は、 卒業後の進路としても専門性を生かした様々な職種を開拓しています。民間では、 新聞・放送、 シンクタンク、 地域コンサル、 旅行者、 銀行・証券・損保などの金融業、 製鉄所などの製造業など非常に幅広く活躍しています。 一方公務員的職種では、国や自治体の一般職、 公立や私立の教員、 地域振興政策系の政府系特殊法人、自治体や民間の社会福祉施設、 また、 近頃は環境や農業系のNPO法人や事業体に進む者もいます。 当然、 大学院の進学者もいます。このように地域社会学は、 幅広い知的関心と現実的・行動的な資質を生かせる教育研究領域です。

授業内容と授業科目例

学年 授業内容 授業科目例
1年次 地域社会の原型と歴史的変化について学びます。 地域社会学概論Ⅰ
2年次 現代の地域社会の特質と課題について学びます。 地域社会学概論Ⅱ
社会調査法概説
3年次 各人の関心のあるテーマに沿って学習します。 社会調査実習
地域科学演習1-A
4年次 教員の指導を受けながら卒業論文の作成に取り組む。 地域科学特殊講義
課題研究Ⅱ

卒業論文のテーマ例

文化的観光地・ゆふいんの形成に関する考察/日本における中国人留学生の生活構造と帰国意識/食と家族/グリーンツーリズムの発生と展望/近郊農村における地域変化と女性の活動

メッセージ

徳野 貞雄先生(地域社会学、農村社会学)

いろいろな地域課題について活発に議論をしています。具体的な調査地に行ったりアンケート調査などをする人も多く、行動的な雰囲気の強いゼミです。

清永 将智 (4年)

photo_02.jpg地域社会学、農村社会学、人口分析論等について研究をしている徳野先生ですが、それ以外の社会学についても丁寧に教えてくださいます。授業も雑談を交えながら楽しく展開していただけます。先生の一番の特徴として「実地調査」です。その実地調査に学生も一緒に参加するのですが、その調査は異文化へ触れたりでき、とても楽しい雰囲気で行っています。しかしその楽しい調査は、私たちの「常識」を何度も「非常識」に変えてくれました。つまり、新しい発見を目の当たりにすることができたのです。その「新しい発見」が行政に影響したこともあります。この「新しい発見」こそ、地域社会学を学ぶ上での一番の醍醐味と言っても過言ではありません。私は、本を読み知識を習得することだけが勉強ではないと気づかせてくれたのがこの「地域社会学」で、この経験は社会に出ても十分に活かせると思います。これから何を勉強するか迷っている方々に是非お勧めする学問であると自信を持って言えます。

  • 学生アイ.com
  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310